エクセル

【Excel(エクセル)】セルの転記を効率的に行う方法!

【セルの転記をする際に時間がかかってしまうのでもっと効率的にやる方法が知りたい」

こんな疑問を解消します。

 

Excelでは別ファイルの値をコピペしていくセルの転記作業がよくありますよね。

 

以前の僕もそうでしたが、この転記作業をすべて手で行うのはとても大変です。

 

そこで使えるのがショートカットキーになります。

 

ショートカットキーを活用してセルの転記を行うと手作業時に比べて効率的に行うことが可能です。

 

今回はこのセルの転記を楽にしてくれるショートカットキーをご紹介していきます。

 

ウィンドウを左右に分ける

セルの転記を行うにはウィンドウを分けておくと簡単です。

 

左側に寄せたいウィンドウを選択した状態で、【windows】+【←】キーを押します。

 

すると選択していたウィンドウが左に寄ります。

 

続いて、右側に寄せたいウィンドウを選択した状態で【windows】+【→】キーを押します。

 

これで左右にウィンドウが分かれるので、コピペがしやすくなります。

 

【Ctrl】+【Tab】キーでアクティブウィンドウを切り替えながらコピペを行う。

セルの転記には【Ctrl】+【Tab】キーが便利です。

 

【Ctrl】+【Tab】キーを押すとアクティブウィンドウが切り替わります。

 

このショートカットキーを活用すると、ファイル間の移動をマウスを使わなくてもよくなるので、以下の手順でセルの転記を行うことができるようになります。

 

・コピー元のファイルをアクティブにした状態で【Ctrl】+【C】でコピー

・【Ctrl】+【Tab】で貼り付け先のファイルにアクティブを切り替えて【Ctrl】+【V】

・再度【Ctrl】+【Tab】でコピー元のファイルに戻ってから【Ctrl】+【C】でコピー

・【Ctrl】+【Tab】でコピー先のファイルに切り替えてから【Ctrl】+【V】で貼り付け

 

上記を繰り返すことで高速なセル転記が可能です。

 

クリップボードを利用してさらにセルの転記を効率的に

セルの転記をする項目が多いとアクティブウィンドウの切り替えの回数が増えて大変です。

 

そこで使えるのがクリップボードです。

 

クリップボードとはコピー履歴の保存領域になります。

 

通常であれば連続でコピーをすると、最後にコピーしたもの以外は張り付けることができませんが、実は1つ以上前にコピーした値というのはクリップボード上に記録されており、【Windows】+【V】で呼び出すことが可能です。

 

このクリップボードを活用すれば、コピーしたい値をあらかじめいくつかコピーしておき、【Windows】+【V】で転記することができます。

 

「転記する値の数が多くて毎回ウィンドウを切り替えるのが大変」という方はぜひ活用してみてください。

 

値貼り付けを行うショートカット

セルの転記をする際にフォントの色などの不要なデータがくっついてしまうことがあります。

 

このような情報のことをセルの書式といいます。

 

もし「色などのセルの書式は張り付けたくない」という場合には【Alt】+【H】+【V】+【V】が便利です。

 

このショートカットキーは値の貼り付けを行うショートカットキーになるので、色などの書式以外のデータを張り付けることができます。

 

まとめ

今回はセルの転記を効率的に行う方法をご紹介しました。

 

今回紹介したセルの転記に役立つショートカットキーをまとめておきます。

 

【Windows】+【←】or【→】:ウィンドウの左右分け

【Ctrl】+【Tab】:アクティブウィンドウの切り替え

【Windows】+【V】:クリップボードの呼び出し

【Alt】+【H】+【V】+【V】:値貼り付け

 

セルの転記はよく行う操作なのでショートカットを駆使して効率化してしまいましょう。

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

-エクセル

Copyright© アルパカIT用語辞典 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.