windows10

【Windows10】スクリーンショットの撮り方4つを紹介!動画解説あり。

Windows10には標準の機能として4つのスクリーンショットを撮る方法があります。

 

本記事では、それぞれのやり方と違いを解説していきます。

 

 

 

①【PrintScreen】キーでスクリーンショットを撮る

 

PrintScreenキー(キーボードによってはPrtScと書かれている)を押すことで、今見えている画面全体のスクリーンショットを撮ることができます

 

このやり方では最も簡単にスクリーンショットを撮ることが可能です。

 

ただし画像ファイルが作られるわけではなくクリップボード上に画像が保存されます。

 

そのため画像を確認するにはペイントやワードなどを開いて「貼り付け(Ctrl+V)」をすることが必要です。

 

画像ファイルとしては不要だけど、ワードやエクセルなどに画像を貼りたい」という場合にはこの方法でスクリーンショットを撮るといいでしょう。

 

②【Alt】+【PrintScreen】キーでスクリーンショットを撮る

 

【Alt】+【PrintScreen】キーを押すことで、ウィンドウ単位でのスクリーンショットを撮ることができます

 

【PrintScreen】キーで撮った場合は画面全体がキャプチャ範囲になるので、タスクバーなども含まれてしまいます。

 

対して、この【Alt】+【PrintScreen】キーで撮った場合にはキャプチャ対象がウィンドウ単位のため、アクティブになっているアプリケーションのみのスクリーンショットを撮ることが可能です。

 

タスクバーなど余計な範囲のスクリーンショットはいらない」というときにはこの方法がオススメです。

 

③【Windows】+【PrintScreen】キーでスクリーンショットを撮る

 

【Windwos】+【PrintScreen】キーを同時押しすると、今見えている全体を画像として保存することができます

 

保存先はピクチャフォルダの中にあるスクリーンショットフォルダです。

 

 

クリップボードではなく実際のファイルとして保存して後で見返したい」という場合はこの方法がオススメです。

 

④【Ctrl】+【Windows】+【S】キーでスクリーンショットを撮る

【Ctrl】+【Windows】+【S】キーでは任意の範囲を指定した上でスクリーンショットを撮ることができます。

 

この方法によるスクリーンショットはクリップボード上に保存されます。

 

「画面全体ではなく一部分だけのスクリーンショットが欲しい」という場合は便利です。

 

なお、このやり方で保存すると画面右下に通知がでます。

 

実は知らない方も多いのですが、この通知を押すと「切り取り&スケッチ」という編集画面が立ち上がります。

 

ここではスクリーンショットに文字を入れたり、図形を書いたりすることができてとても便利です。

 

【Ctrl】+【Windows】+【S】キーで保存したけど、通知がこない場合

Windowsの設定で通知をオフにしていると【Ctrl】+【Windows】+【S】キーで保存をしても、右下に通知が出ません。

 

その場合にはシステム設定の「通知とアクション」内にある「通知」をオンすると通知されるようになります。

 

またWindowsの設定の「集中モード」になってしまっている場合も通知がこないので、こちらもオフにする必要があります。

 

 

まとめ

今回はWindows10でスクリーンショットを保存する方法をまとめました。

 

特にオススメなのが【Ctrl】+【Windows】+【S】キーによるスクリーンショットの保存です。

 

ショートカットキーが3つもあるため少し覚えにくいですが、かなり使い勝手がいいのでぜひ使ってみてください。

-windows10

Copyright© アルパカIT用語辞典 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.