IT用語解説

『チャットボット』とは?ボットとの違いも含めて超わかりやすく解説

チャットボット

近年AIの発達が著しいですが、そんな中で注目されているのが「チャットボット」です。

初めて聞いたという方や、通常の「ボット」との違いがわからないという方も多いかと思います。

この記事ではこの『チャットボット』の意味、由来について解説します。

「チャットボット」とは?

チャットボット」とは「質問をすると答えを返してくれる会話型の自動プログラム」のことです。

語源は「Chat(会話)」+「Bot(ロボット)」になっています。

お寿司店の『スシロウ』では『ペッパー君』が注文の対応をしてくれますが、あれのWEB版のようなイメージです。

「チャットボット」を導入しているサイトでは、ボットキャラクターが「何をお探しですか?」といった質問をしてくれて、これに対して返答をすると回答が返ります。

近年WEBサービスなどに取り入れられることが多くなっており、AIなども絡んで注目されている技術の1つです。

「チャットボット」と「ボット」の違い

Twitterなどをやっているとよく「ボット」と呼ばれるものを見かけることがあります。

この「ボット」はロボットの略で、こちらも同様にプログラムによって自動操作されています。

ただし「ボット」は会話ができず一方通行であるという点において「チャットボット」とは異なっています。

「ボット」がより高性能になり会話ができるようになったものが「チャットボット」です。

「チャットボット」のメリット

「チャットボット」には様々なメリットがあります。

人件負担の削減

「チャットボット」の導入は人的負担の削減に繋がります。

会社のホームページには多種多様な質問が寄せられ、カスタマーサポートの負担が大きいです。

ただ問い合わせの中には簡単なものも多くあるため、そういった問い合わせを「チャットボット」で解決することができれば、人の負担の軽減に繋がります。

また「チャットボット」によって空いた負担分を、ユーザーへの対応に当てることが可能になるため、顧客満足度の向上にも繋がるでしょう。

営業時間外の対応

「チャットボット」の大きなメリットの1つが365日24時間対応可能であることです。

人の場合は定時以降、特に深夜の時間帯には問い合わせへの対応が困難でしたが、「チャットボット」であればいかなる時でも顧客対応が可能になります。

データ収集

サポートセンターのやりとりにおいて従来のように人が口頭で対応する場合は、データの蓄積が難しいです。

その点「チャットボット」はデジタルのやりとりであるため、会話のデータベースへの記録が可能です

ユーザー行動の蓄積により課題点を見つけることで、さらなるサービスの発展へと繋げられる可能性があります。

「チャットボット」のまとめ

ここまで「チャットボット」の意味、由来について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「チャットボット」についてまとめておきます。

「チャットボット」の語源は「Chat(会話)」+「Bot(ロボット)」

従来一方通行であった「ボット」に会話機能がついたものが「チャットボット」と呼ばれる。

「チャットボット」の導入には深夜帯の問い合わせへの対応などのメリットがある。

 

以上、「チャットボット」の解説でした。

-IT用語解説

Copyright© アルパカIT用語辞典 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.