IT用語解説

Android(アンドロイド)とは?意味やiPhoneとの違いを解説!

Android(アンドロイド)

スマホを買う際にはiPhoneまたは「Android(アンドロイド)」のどちらかを買う人が多いかと思います。

iPhoneに関しては「Appleが作っているスマホだよね?」ということでわかりやすいですが、「Android(アンドロイド)」に関しては意外と詳しい意味はわからないという方も多いのではないでしょうか?

日本ではiPhoneユーザーが圧倒的に多いですが、実はアメリカではAndroidユーザーの方が優勢です。

 

この記事ではこの「Android(アンドロイド)」に関して、どういうものなのかや、iPhoneとの違いなどについて初心者にもわかりやすく解説します。

Android(アンドロイド)とは?

「Android(アンドロイド)」とはスマホ端末における「OS(オペレーティングシステム)」です。

開発は『Google』によって行われています。

「OS」と聞くと少しわかりにくいですが、アプリを動かすための土台が「OS」の役割です。

パソコンでいえば、マイクロソフト社の『Windows』、アップル社の『MAC』がOSとして有名ですね。

ゲームに例えれば、SONYの『PS(プレーステーション)」と任天堂の『Wii』のような関係です。

「Android OS」を搭載している端末がAndroid(アンドロイド)と総称される

iPhoneにもiosというOSが搭載されていますが、iosが搭載されている機種はiPhoneのみです

対して「Android OS」はGoogle製以外にも様々な端末に搭載されています。

iPhoneのことをiosと呼ぶことは少ないですが、『Xperia』や「galaxy』などの「Android OS」を利用している機種は様々あるため、これらの端末のことを搭載しているOSで総称して「Android(アンドロイド)」と呼ぶことが多いです。

例えば「スマホ何使ってるの?」と聞いて「Android(アンドロイド)」と返答されたら、「Android OS搭載の端末を使っている」と言い換えることができます。

AndroidとiPhoneの違いは?

「Android(アンドロイド)」の最大の特徴はオープンソースであるということです。

ソースコードが公開されているものをオープンソースと呼び、誰でも開発することができます。

非オープンソースであるiosがAppleによるiPhoneだけに使われているのに対して、オープンソースである「Android OS」は様々なメーカーによって利用されています

この違いは様々な面で影響を与えています。

アプリの対応は「Android(アンドロイド)」よりもiPhoneが優勢

「iosを使っている機種はiPhoneしかない」と聞くと「種類が少ない」というマイナスなイメージが湧くかもしれませんが、実はこの種類が少ないことは大きなメリットになります。

メリットの1つとして、アプリ開発者の目線からすると「Android(アンドロイド)」は種類が多すぎてアプリ制作が難しいのに対して、数が少なく動作検証もしやすいiPhoneはアプリが作りやすいということが挙げられます。

日本におけるスマホのシェアがiPhoneが圧倒的なこともあり、まずはiPhone版をリリースしてから「Android(アンドロイド)」の対応をするというケースが非常に多いです(最悪の場合Android版はリリースされないこともあります)

 

ゲームハードの『プレーステーション』や『Wii』でも同じことがいえますが、あくまでハードは土台であり大切なのはソフトになります。

スマホではアプリがこの「ソフト」にあたりますが、この点においてはiPhoneが上回っているでしょう。

またスマホのケースも形状が決まっていて作成がしやすいことからiPhoneのケースは「Android(アンドロイド)」に比べて種類が多いです。

オリジナリティ性は「Android(アンドロイド)」がiPhoneよりも勝る

「Android(アンドロイド)」のメリットはカスタマイズ性や独自性です。

iPhoneはAppleによる規制が厳しいこともありカスタマイズがしにくいですが、「Android(アンドロイド)」ではウィジェットによって様々なカスタマイズが可能になっています。

端末の形状に関しても、誰しも同じようなiPhoneに対して、多くの種類がある「Android(アンドロイド)」では差別化が可能です。

 

またアプリに関しても、Android用のアプリが置かれている公式の『Google Play』以外にもネット上に多くのアプリが公開されているため、思わぬアプリに出会えることがあります(ただしセキュリティには注意が必要です)。

これらのことからも、カスタマイズが好きで少しエンジニア気質な人が好むのが「Android(アンドロイド)」といえるでしょう。

Android(アンドロイド)のまとめ

ここまで「Android(アンドロイド)」についてみてきましたが、いかがだったでしょうか。

最後に「Android(アンドロイド)」についてまとめておきます。

「Android(アンドロイド)」とはGoogleによって作成されているスマホ用のOSのこと。

iPhoneにしか搭載されていないiosと異なり、オープンソースであるAndroid(アンドロイド)は様々な端末に取り入れられている。

日常の会話の中では、XperiaなどのAndroid OSを取り入れられた端末のことを「Android(アンドロイド)」と呼ぶことが多い。

 

以上、「Android(アンドロイド)」の解説でした。

-IT用語解説

Copyright© アルパカIT用語辞典 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.